読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石井尚貴のダイエットブログ

ライザップや24/7ワークアウトを始めとしたダイエットジム13社の比較や美容、グルメなどの役立つ情報をお届け。

ブログ歴1ヶ月半の初心者が語る、情報発信をするたった5つの理由

ブログ

f:id:n-i-vandit0924:20160724184316j:plain

こんにちわ、石井尚貴です。

 

ブログを始めて1ヶ月半が経ちました。

「自分で情報を発信するのってどうなの?」って最初は思ってたけどブログをやることはプラスでしかない。

今回はブログで情報発信をする5つの理由を紹介していきます。

 

1.目標に向かっている人に貢献するため

ぼくは自分で何かを達成するより、誰かをサポートして達成できた方が喜びが大きいんですよ。

誰かを補助するサブリーダータイプ。

友人に将来飲食店で独立したい人や自分のお店を持ちたい美容師の人がいます。

その人に貢献できることは口コミでそのお店を紹介するのもいいのですがブログで紹介したほうがたくさんの方に知ってもらえると考えたんです。

ですが、アクセス数を上げないとその人の魅力を多くの人に伝えられない。

ぼくの中でアクセス数とは誰かに貢献できる大きさのレベルなんですよ。

もっと多くの人に見てもらえる工夫をしなくてはいけないと感じています。

 

2.人とのつながりを作るため

社会人になると何も行動を起こさなければ人とのつながりが希薄になります。

ぼくは関わる人が会社だけで同じ業界の人としか繋がりが持てず、知識が偏るのが嫌だったんですよね。

なので、昔から本やインターネットの記事を読むことが好きだったのでブログを通じて人と出会うことを選びました。

インターネット上で知り合った人と会うのは最初は怖かったですが、今では起業家、フリーランス、整体師、ライター、コンサルティングなど普通に生活していたら出会えないような方とお会いする機会が増えています。

また、ブログを通じてクラウドファンディングの手伝いをすることが出来たり、「ブログを始めようと考えています」という人が出てきてすごいやりがいを感じていますね。

刺激的な毎日です。

 

3.学んだことをアウトプットして魅力を伝えるため

年に100冊ほど読書をするのですが、本ってアウトプットをすることによって始めて自分のものになるじゃないですか。

ぼくは今まで読んで満足、いわゆるノウハウコレクターだったんです。 

ブログは文章としてアウトプットすることによって頭の整理ができるんですよ。 

アウトプットすることによって頭に残りやすいし、もし「あの本どんなこと書いてあったかなー」と思った時にブログを見返せば復習できますからね。

そしてアウトプットしたブログを読んで「ブログにかいてあった本を買ったよー」なんて言われたら嬉しくないですか。

ブログは知識の資産となり、やりがいに直結しますね。 

 

4.ブログで自分の存在を知ってもらうため

ブログで情報発信をすると自分の存在を知ってもらえるんですよ。

自分に関する情報や考えを発信していると仕事やイベントで集客をしやすくなります。

知り合いにフリーランスの整体師の方やコンサルティングをやりながらブログをやっている方がいますが、ブログを通じて仕事の依頼が入り収益が上がった人もいますね。

今の時代にホームページを持っていない企業は少ないと思いますが、個人として自分のことを知ってもらうツールとしてTwitterやFacebookだけじゃなくてブログを持っていた方が絶対に得です。

絶対に。

ブログはセルフブランディングとして最適なツールですよ。

 

5.ブロガーとして生きることを証明するため

書くことがないという人もいるかもしれませんが、ブログはもう自由な世界が広がっていますよ。

自分が食べることが好きならそれについて書けばいいし、旅行好き、ファッション好きなんでもネタになります。 

小学生の将来の夢ランキングでyoutuberが3位となり、公務員の4位を上回りましたよね。 

これからクリエイティブなこと仕事をする人がどんどん増えてきます。

ブログは昔からありましたが、1人1台以上のモバイルパソコンを持っているいまブロガーの需要はどんどん高まってきてますよ。

ブロガーとして生きて行く人が増えたら面白い世の中になりますよね。 

ぼくはそれを証明します。

 

まとめ

ぼくはブログを書く理由として人に役立ちたい、喜んでほしいという思いが強いですね。 

TwitterやFacebookでもいいんですが、他の情報と紛れて自分の情報が埋もれてしまうんです。

だったらブログに書いた方がいいですよ。

ブログは人の目に触れる機会が多いし、永遠に自分の資産となりますからね。

他人の喜びが自分の喜びになることが強い人はブログをやってみるのがオススメです。