読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石井尚貴のダイエットブログ

ライザップや24/7ワークアウトを始めとしたダイエットジム13社の比較や美容、グルメなどの役立つ情報をお届け。

知っておきたい!日本で浸透し始めたクラウドファンディグとは?

f:id:n-i-vandit0924:20160724193042j:plain

こんにちは、石井尚貴(@naokivandit)です。

 

新しいことに挑戦したりお店を開業したいと考えた時に資金を自分で貯めるしか手段はないと考えてる方いませんか?

新事業や新サービスを始めるために有益な手段となるクラウドファンディングというサービスが最近流行ってきました。

ですが、クラウドファンディングはまだまだ日本では認知されていないのが現状です。 

今回はクラウドファンディングとはどういったものなのか紹介していきます。

 

 

クラウドファンディングとは

「渋谷で深夜までやっている図書館を作りたい!」

「ビール嫌いを好きにするおいしいビールを普及させたい!」

「おしゃれなカフェを開業させたい!」 

たくさんの方がやりたいことを考えますがその次に頭に浮かぶのが、

そのプロジェクトを行うための資金がない...

資金面の問題でやりたいことをあきらめる方が多いのではないでしょうか。

 

そういった資金面を解消するために インターネットを利用して多数の人から資金を募るサービスをクラウドファンディング  といいます。

また、クラウドファンディング上のサービスで支援してくれた人に対してのお返しを「リターン」といいます。

 

クラウドファンディングが日本で普及した経緯

 2011年、READYFOR株式会社の米良はるかさんが日本で初めてのクラウドファンディングサービスを始められます。

f:id:n-i-vandit0924:20160724193114j:plain

企業情報 | READYFOR (レディーフォー)

その経緯として2010年バンクーバーで行われたパラリンピックの開催の数ヶ月前にスキー日本代表監督と話すきっかけがあり、金メダルを狙う実力があるけど資金に悩んでおり、スキー板に塗るワックスを購入するお金さえないことを知られます。

そこで米良さんはなんとか力になりたいと考え、スキー日本代表のために約100万円の支援を募るために支援サイトを作成。

結果として多くの方から応援したいという声と共に 約100万円を見事調達することに成功!

 そして、金メダル2個と銀メダル1個の獲得に大きく貢献されました。

その経験から応援されたい人と応援する人をつなげる仕組みを作りたいと考え、READYFOR株式会社を設立されます。

 

クラウドファンディングの成功事例 

コアラを守りたい!〜東山動物植物園コアラ応援プロジェクト〜 

f:id:n-i-vandit0924:20160724193156j:plain

コアラを守りたい!~東山動植物園コアラ応援プロジェクト~(橋川 央(東山動物園長)) - READYFOR (レディーフォー)

東山動物園で飼育されている大人気のコアラですが、日本国内で1997年の96頭いたコアラは2011年末には48頭にまで減少してしまいます。

コアラの飼育の難しい理由にえさであるユーカリを確保するのが難しく動物園の運営費用の1/3を占めるまでにお金がかかっていました

このままでは資金不足によってコアラが絶滅してしまうため、ユーカリの栽培費用を集めるためにクラウドファンディングを実施。

そして、ユーカリのいい匂いがするコアラのウンチペーパーしおりをリターンとして用意。

 

その結果、 470万円もの支援金が集めることに成功 されました。

readyfor.jp

 

渋谷に夜の図書室を! @道玄坂に本と人がつながる場所を作ります。 

f:id:n-i-vandit0924:20160724193310j:plain

集中したいときや本を借りたいときに図書館を活用しますが仕事終わりに立ち寄っても閉館時間が早く図書館が閉まっている場合が多いですよね。

仕事帰りでも立ち寄れて、深夜までやっている図書館を作りたいと立ち上がったのがこのプロジェクト。

森の図書室の1日室長体験の権利など様々なリターンとして用意。

ホリエモンチャンネルにも取り上げられ図書館を開くための支援を募ったところなんと 950万円もの支援金が集めることに成功 されました。

 

camp-fire.jp

クラウドファンディングのメリット

クラウドファンディングには企画者と支援者共にメリットがあります。  

 

企画者のメリット

  • 素晴らしい製品やサービスのアイデアが広める資金を確保することができる。
  • 多くの方にプロジェクトをPRしながら支援金を集めることができる。
  • クラウドファンディングの企業を通しているため信頼感と安心感がある。

 

支援者のメリット

  • 支援金額に応じた魅力的なリターンを得ることができる。
  • 少額から気軽に支援をすることができる。
  • 支援することで、プロジェクトに携わっている気持ちになれる。 

応援されたい人と応援したい人をつなぎつつ、プロジェクトを進めることができるのがクラウドファンディングの魅力です。

 

クラウドファンディングの支援方法 

友人が挑戦しているクラウドファンディングのページを例にさせていただきます。 

まずはホームページを開きましょう。

f:id:n-i-vandit0924:20160724193343j:plain

「プロジェクトを応援したい!支援したい!」と思ったらリターンを見てみましょう。

 

READYFORでは下にスクロールすると出てきます。

f:id:n-i-vandit0924:20160724193414j:plain

プロジェクトのリターンは様々な種類があるので魅力的なリターンを選びましょう。(何個選んでもらっても構いません) 

支援したいリターンの購入ボタンを押して応援コメント、リターンの郵送先情報を入力すると支援することができます。

 

クラウドファンディングのページを多くの人に見てもらえるようにシェアしよう

クラウドファンディングには期日が設けられており、目標金額を集められなければ失敗となります。(目標金額に達しなくても支援金をもらえるものもあります。)

 

支援者はリターンをもらえることができず、支援した金額は全額返金となります。(詳しくはクラウドファンディングに成功したらクレジットから支援額が引き落とされる仕組みになっているので支援者にリスクはありません。)

なので、支援者がいかに協力してくれるかが成功できるかどうか関わってきます。

そして、どれだけページにアクセスされるかがまたひとつのポイントとなってきます。

TwitterやFacebookのシェアボタンを押して多くの方にプロジェクトを見てもらえるように応援しましょう。

f:id:n-i-vandit0924:20160724193511j:plain

企画者一人がプロジェクトに挑んでいるように見えますが、支援者の一人一人の取り組みがプロジェクトの成功に大きくつながります。 

ぜひ、シェアボタンを押して応援しましょう。 

 

クラウドファンディングに友人が挑戦中

f:id:n-i-vandit0924:20160724193539j:plain

 

最後に告知ですが、ビールが好きすぎて半年で10キロ太ってしまった友人がビール嫌いを克服するパーフェクトビールというものを全国へ広めるためにクラウドファンディングに挑戦中です。

f:id:n-i-vandit0924:20160724193606j:plain

 

ぼくは支援ページの文章を考えたりアイデア出しなど手伝わせていただいております。

 

安い居酒屋のビールはまずいので高級なお店に行って高い金額を払わないとおいしいビールを飲めないと考えている方がいらっしゃるかもしれませんがそれは違います。

どこの店舗でもビール自体には大きな違いはありません。

なぜ店舗によって味の違いが生まれるのか気になる方はぜひ支援ページを見てみてください。

 面白いリターンも用意してあるので。

 ぜひ応援よろしくお願い致します。 

 

(追記)

5月25日に目標支援金額の120万円を達成!最終的に支援者数114人、目標支援金に対して140%の168万4000円の支援金を集めることができました!ご支援してくださった皆さんありがとうございました!

 

ビール愛好家さえ唸らせる最高品質のビールをあなたのもとへ

readyfor.jp