読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石井尚貴のダイエットブログ

ライザップや24/7ワークアウトを始めとしたダイエットジム13社の比較や美容、グルメなどの役立つ情報をお届け。

仕事も恋愛もできる一流の男の秘密は「肌」に隠されていた!

美容 美容-肌

f:id:n-i-vandit0924:20160724223526j:plain

ども、なおきです!

 

最近、「なぜ、一流の男は肌を整えるのか」というタイトルからして面白そうなビジネス本に出会ったんですよ。

ビジネス本と言ったら考え方や行動、コミュニケーションの方法など書いてある本が多いじゃないですか。

ですが、この本は見た目が相手に与える印象、その中でも肌が相手に与える印象に焦点をあてて書いてあるんですよ。

「なんで肌と一流になることがなぜ結びつくの?」と考えていたら、気づいたら購入していましたね。

 

なぜ、一流の男は肌を整えるのか」は

  • タイトル通り一流になりたい方
  • 仕事も恋愛もばっちりこなしたい方
  • 相手に良い印象を与えたい方
  • 女性にモテたい方

そんな人におすすめ、読んでみたので紹介しますよ。

バリバリの一流ビジネスマンはメンズエステに通っている

f:id:n-i-vandit0924:20160724223607j:plain

皆さんは、「メンズエステ」というと、どのような方が通っていると思いますか?

「ナヨナヨしたフェミニンな男性」 そう答える方がほとんどではないでしょうか。

しかし、実際にメンズエステを利用される方は、そのようなイメージとはかけ離れた人たち。バリバリ体育会系の経営者や営業マンといった、エステとは縁がなさそうな方がほとんどです。

彼らの多くは、クライアントとの商談前や取引先への営業前、大切な仕事の打ち合わせ前などに、必ず来店されていました。

その理由を尋ねると、 「相手に少しでもいい印象を持ってもらいたいから」と答えていたことを覚えています。

 

この本を読んで一番衝撃を受けたのがこれ。

今までぼくはメンズエステと聞くと勝手に2丁目の人が通っているものだと思っていたんですが、バリバリのビジネスマンが多いそうなんですよ。

メンズエステ市場が伸びているのはそういった理由があったんですね。

一流は肌がキレイだと相手に良い印象を持ってもらえることをわかっているんでしょう。

 

肌を整えている人は仕事ができる

f:id:n-i-vandit0924:20160724223629j:plain

肌のきれいな人の75.4%は「仕事を効率的にこなしている」という調査結果があります。

美容に対して月3000円以上掛けている人に対するアンケートでは、その内の70.6%にも上るビジネスマンが、「仕事を評価されていると感じている」と答えています。

肌に気を配っている人ほど、仕事で成功し、評価を受けているのです。 

また、このアンケート調査では、自分の肌がきれいだと感じているビジネスマン248人中150人が「現状の仕事に満足している」と回答しています。 

美肌を手に入れているビジネスマンの6割以上が、仕事での充実感も得ているのです。

 

肌を管理できる人は仕事を管理することも上手いということなのでしょうか。

また、ファッションや髪型をカッコよくすると不思議と自分に自信が持てるようになりますよね。肌も同じで気を配ると見た目に自信が持てるようになる効果があるんじゃないでしょうか。

 

肌をお手入れしている人は女性からモテる

f:id:n-i-vandit0924:20160724223651j:plain

メンズスキンケア大学の調べによると「肌で男性の印象は変わりますか?」という質問に87%の女性が「変わる」と答えています。

データにも表れているように、女性は、相手の肌をよく見ています。

無意識のうちに、「若々しいな」「清潔感があるな」「元気があるな」といったポジティブな印象を抱くはずです。

「肌」を整えれば、相手に「プラスα」の好印象を与えられるということです。 

 

男女問わず荒れた肌よりキレイな肌の方が印象はいいですよね。

ぼくは幼い頃に手荒れや肌荒れがコンプレックスでしたが、肌がキレイになると自信が持てて堂々とすることができるんですよ。 

87%の女性が変わると言ってるんならやるしかない。 

 

肌が与える印象を一流は理解している。

f:id:n-i-vandit0924:20160724223719j:plain

私たちは、気づかないうちに、相手の印象を「肌」で判断しているのです

印象を左右する大きな要因のひとつが「肌」だということは疑いようのない事実なのです。

かの有名なアメリカの第35代大統領、ジョン・F・ケネディ氏も肌に気をつかっていた一人のようです。テレビの討論会や演説の際には、必ずメイクアップをして肌をきれいに見せ、好印象をつくりだしていたとされます。

 

 体調が悪くて顔が青ざめていたり酔っ払って顔が赤くなっていたら無意識に相手の印象を判断しますよね。

ノーメイクよりメイクアップしていたほうが健康的に見えます。

メイクのしない男性はスキンケアはしっかり行って相手に良い印象を与えるべき。

 

肌に対する偏見と知識不足を解消すれば一流になれる

f:id:n-i-vandit0924:20160724223746j:plain

「肌が変わっただけで一流になれれば、苦労しないよ……」 本書を読み終えてなお、そのような気持ちを抱いている方もいらっしゃるかもしれません。  

もちろん、ビジネスにおいて、印象がよくなっただけで成功をすることはあり得ません。知識、スキルも大切です。

けれども反対に、知識やスキルだけでは成功しないこともまた事実です。

ビジネスでは、人と人とのつながりが大切。

相手によい印象を抱かれ、信頼されることではじめて、それらが生かされるといえます。

たとえるなら、「印象」と「知識、スキル」は車の両輪のようなもの。その両方を持つ人のまわりに、人、そしてビジネスの話は集まるものです。

 

男性同士の会話で肌やエステについて話し合うことはなかなかないので「肌を変えるだけで本当に一流になれるのかよ」と思うかもしれません。

ですが、相手に与える見た目の印象が悪かったらビジネスチャンスを逃している可能性は0ではないですね。

「肌のお手入れをしたいけど周りに相談するのが恥ずかしいなあ」という人は ダンディハウス メンズTBC などのメンズエステに体験してみると知識がつけられますよ。

 

 

衝撃の事実が詰まった本。営業やビジネスで成績をあげたい方には必読です。