石井尚貴のダイエットブログ

ライザップや24/7ワークアウトを始めとしたダイエットジムの情報や美容などの役立つ情報をお届け。

いつまでびびってんの?批判的な言葉をポジティブに捉える3つ方法



f:id:n-i-vandit0924:20160724183513j:plain

らーめん、つけめん、ぼく石井尚貴です。 

何かに批判されるってこわいですか?

ぼくは批判食らってもへっちゃらなんですよ。

 

もともと鋼のメンタルだったわけでもないです。

 

ですが、心理学を取り入れたり視点をちょこっと変えるだけでメンタルに

批判を跳ね返すコーティングをはることができるんですよ。 

今回は批判的な言葉をポジティブに捉えるたった3つの方法を紹介します

 

1.批判する立場になって考えてみろ

ぼくは中学、高校の6年間陸上部の長距離をやってたんですよ。

高校でいざ入部するってときに、

友人に中学はサッカー部で高校は陸上部やるかどうか悩んでるってやつがいたんですよね。

陸上やろうぜって誘って入部したんですけど、普通に考えて別の部活をやってた人には負けられないですよね。

中学3年間のキャリアがあるわけだし。

だけど、僕にとってショックなことが起きたんです。 

友人にとって初めての大会でぼくは負けたんですよ。 

入部するかどうか迷ってたやつに。

そっからそいつはずっと部活のエースだったんですけど、すっごいむかついたんですよね。

だからと言ってそいつのことが嫌いなわけじゃないし、むしろ今でも連絡とるほど仲がいいですよ。

「むかつく」という批判的に捉えられるワードは「批判」ではなくて「嫉妬」だったんですよ。

うらやましいなーとかすごいなーとか思ってたんですよね。

だから、批判的なコメントきたらこう考えればいいじゃないですか。 

「あー、ぼくのことうらやましいんだなー」って。

そういう考え持っておくとポジティブになれますよ。

批判的なコメントをする人はどんな気持ちなんだろうなと考えてみましょう。

 

2.批判される数ではなく割合で考えろ

なんか理不尽に嫌ってくるやつよくいるじゃないですか。 

目つき悪いとか、あと目つき悪いとか、、、

100%の人に好かれることは無理なんです。

 

例えば、100人のうち5人に「批判」や「嫉妬」されてるとします。 

そうすると5%ですよね。

ここが重要なんですけど、割合は変えることができないと頭に入れておくんです。

 

100人だったら5人かーまあいいやってなるんですけど、

有名になればなるほど批判的な言葉が多くなってきます

10000人になると500人があなたのことを嫌いなんですよ。

1億人になると500万人もあなたのこと嫌いなんですよ。 

普通はどんどん数が多くなってくるとびびっちゃうんですけど、

 だけど、同じ5%なんです。

 

批判される数だけ見てるから一喜一憂するんですよ。

5%は変わってないじゃないですか。

割合で考えるとポジティブな考えを持つことができますよ。

  

3.批判する人は悪い人という先入観をやめる

ブログでよくあるんですが、こいつは悪いやつだろうなと先入観で判断して批判的なコメントをしてくる人いますよね。

だったら、こっちもそうすればいいじゃないですか。

 

批判的なコメントをしてくる人が悪い人という先入観をやめるんですよ。

こっちだって会ったことのない人が悪い人かどうか判断できないです。

だから批判的なコメントしてくる人が悪い人だとは限らない

というかぼけーっとなにもしない人より、批判してくる人の方がよっぽどかっこよくないですか?

批判的なコメントだって立派な情報発信ですよ。

そっから議論が生まれたらめちゃくちゃ面白いじゃないですか。

文章を書くとその人柄がでるとよく言われるんですけど、

それだけで判断すると少しだけ冷酷で距離が感じるんですよ。

だけど、実際に文字を書いている人に会ってみると熱量が上がる。

文章が少しだけかたい人に会ってみたら、すっげーしゃべるじゃんって人がいたり←え

文章が熱い人に会ってみるとさらに熱くて魅力的。

だから、批判的なコメントする人だってあったかい人ですよきっと。

 

 まとめ

最後にこの画像を送ります。

f:id:n-i-vandit0924:20160724183542j:plain

ポジティブになりたい | ガールズちゃんねる - Girls Channel -

 

捉え方次第で何とかなる!

人生トライアンドエラー!